まずやるべき事は葬儀のスタイルを決めること

まずやるべき事は葬儀のスタイルを決めること 葬儀に向けてやるべき事の一つに、葬儀のスタイルを決めるということがあります。葬儀のスタイルと言っても、多くの人が従来の葬式をイメージするかもしれませんが、価値観が多様化していますので、いろいろなスタイルの葬式を行うことが可能になっています。例えば家族だけで葬式を行う家族葬のスタイルも一般化してきています。そのため、葬儀に向けてどのような葬式をするかを決めていく必要があります。やるべき事は他にもありますが、まずははっきりと葬式のスタイルを決めることが優先です。どのような葬式にするかは、遺族の方の意向もあるでしょうが、故人の方の希望を尊重してあげることも大事ですので、生前からどのような葬式にするかを考えておくようにすると良いでしょう。葬式のやり方は非常に多様化していますが、それは何でもいいということを意味している訳ではありません。故人の冥福を心から祈る形の葬式を考えて選ばなければ意味がありません。従来のスタイルの葬式ではなくて、家族葬であった方が良いというのであればそれに向けての準備をしておくことが必要です。

紋切り型の葬式は、特に家族葬の場合には行われないのが一般的ですので、葬儀社とよく相談して、スタイルを決めていくようにするといいでしょう。しめやかな感じの葬式でなくても構いませんし、場合によっては1日だけのシンプルな家族葬であっても構いません。故人が無宗教の方であれば、お坊さんなしの葬式を行うことも可能になります。祭壇の飾りも故人の好きなもので飾ってみてもいいでしょう。場合によっては少し派手な祭壇になってしまうかもしれませんが、家族だけで行う家族葬であればそれは全く問題にはなりません。家族葬を行う場合にはあらかじめ家族葬を行う旨を故人の知人などにはお知らせしておくことも必要です。さらには、香典やお花などを遠慮する場合にはそれも知人に知らせなくてはなりません。

色々な手続きを、家族葬をするにあたってはしなくてはなりませんが、漏れがないようにそれを進めていくには葬儀社の手厚いサポートが必須であると言えます。葬儀社のサポートを頼りにするのは言うまでもありませんが、遺族の方も葬式に関して十分な知識を身に着けておくことも必要です。葬儀社のメンバーになっていると、各種セミナーに参加して葬式についての知識を身に着けることができるようになる場合がありますので、それを活用してみてもいいでしょう。

最新ニュース